脱毛前日、当日の注意点!脱毛で役立つチェックリストをチェックする

“脱毛前日、当日の注意点をまとめさせていただいたので、気になる人はチェックリストを参考にして、1つずつチェックを進めていきましょう。

また、脱毛前日のほうがチェックリストであり、チェックポイントが多いです。このようなことを先に知っておくと、小さなミスを繰り返すことなく、気持ちの良い脱毛を行えるようになるでしょう。

また、生理中といった女性ならではの悩みと、脱毛の注意点も含めて案内を行っています。

基本となる注意点!脱毛前日に細かい対応を行わないようにする

脱毛前日の注意点は以下のとおりとなっています。覚えることは多いようで少ないので、しっかりと学んでチェックできるようになっておきましょう。

まず、前日は毛を抜かないほうが良いです。これは雑菌の侵入を防ぐためで、キレイに脱毛を行えたとしても、その後、肌などに黒ずみが残ってしまうこともあり、さらに、皮膚そのものが硬くなってしまう、生えてきた毛が太くなってしまうこともあります。

このようなミスは、知っていても脱毛そのものが楽しいので、簡単にやめられないという人もいます。ですが、毛を抜くといった自己処理は、前日までに少しだけ済ませるのが理想なので、何度も毛を抜いてしまっては、皮膚、毛穴ともに傷めてしまうだけになるのです。

また、日焼けなどに注意を払うことも大事です。こちらも、脱毛前日の注意点となるのですが、その理由は、日焼けをしていると毛穴などの汚れが良く見えなくなるからです。

すると、頑固に毛穴などの汚れをキレイにしようとすることもあり、実際は汚れていない正常な皮膚さえも傷つけてしまうことがあります。それと、脱毛を行うことは皮膚にダメージを与える行為でもあるので、しっかりと保湿を心がけるようにしましょう。

保湿は、持続時間が長いものを選択するようにしましょう。短時間の保湿では、肌の一部が保湿されていない影響で、キレイな肌を維持するのが困難になります。

せっかく毛穴レベルで肌をキレイにしたのですから、保湿も意識して肌ケアを行うようにしましょう。また、女性として生理を意識することも大事です。

生理前を避けるようにして脱毛を行うのが理想で、生理の影響を受けていると、脱毛そのものが雑になることもあります。脱毛を行う際に痛みを感じることもあるのですが、生理中では痛みが強まる、もしくは、小さな出血を伴った際に気持ち悪さを感じることもあるでしょう。

これは、アルコール飲料などを飲んで酔った際にも起きます。脱毛前日の注意点は以上となりますが、とりあえず、体調が良くない、体調が悪化するのを予想できている時は、あえて脱毛を避けて、体調を回復することに尽力したほうが無難です。

当日、当日後の注意点!小さなケアに注意したほうが良い脱毛になる

なにかしらの影響で日焼けしている場合ですが、日焼けしている部分が少なくなった際も、脱毛を行わないほうが良いです。

これは日焼け当日、当日後であっても同じです。というのも、レーザー脱毛などを行った際に、レーザーが黒い色素に反応してしまい、その影響で火傷を負ってしまう危険性があるため、脱毛を避けたほうが良いとされています。

ちなみに、このような行為で強い痛みを感じるわけではありません。ですが、急に火傷の感覚が発生するだけでなく、皮膚の一部が変色してしまうため、美容面で良くない行動なのです。

それと、保湿は脱毛前日だけでなく、当日後であっても行うようにしましょう。なぜ、これほど保湿を小まめに行わないといけないのかというと、それは、肌のバリア機能低下が懸念されるからです。

肌というのは、乾燥やダメージ、光を浴びるなど、負荷が蓄積することで肌のバリア機能が低下する仕組みになっています。このような問題を放置されていると、肌のくすみ、シワ、黒ずみの原因を作っていることと変わらないので、しっかりとチェックしておいたほうが良いでしょう。

ちなみに、レーザー脱毛の効果を高めるために、レーザーの出力を上げるのは良くありません。効果が高まりにくく、且つ、レーザーの出力を上げた際の効果を体感的に捉えづらいからです。

人にもよりますが、レーザー脱毛の影響で皮膚の変色が著しく進行する人もいます。安全性が確立されているわけでもないので、脱毛サロン以外でレーザー脱毛を行う際は、リスクを考慮して、ほとんど出力を変更しないほうが安全です。

→自分にあった脱毛サロンを探す