カウンセリング当日の脱毛!脱毛前に知っておいたほうが良いことは?

“カウンセリング当日の脱毛ですが、人によっては不安もあるため、カウンセリング当日に脱毛は辛いという人もいます。

ですが、脱毛エステそのもので大きな支障が発生することはありません。他の利用者もいるため、少しだけ待たなければいけないこともありますが、当日、後日ともに同じ施術を受けられるようになっています。

脱毛サロンは、カウンセリング当日であっても、脱毛に関するプラン、施術内容を細かく案内してくれるため、それほど緊張、不安を重ねずに脱毛を良く理解することも可能です。

基本的な流れ!脱毛であっても病院を利用した場合と同じ流れになる

カウンセリング当日に脱毛もまとめて終わらせたい場合ですが、先ずは所要時間を知っておいたほうが良いでしょう。

といっても、カウンセリングの所要時間が30分を超えるのは稀です。カウンセリング当日に、必ず行わないといけないことは以下のとおりとなっているので、それほど所要時間が延びてしまう要因は無いと思って問題ありません。

まず、脱毛エステのために必要となる、本人確認書類についての案内が行われます。本人確認書類とは、運転免許証、社員証、学生証、保険証、パスポートなどが該当しますが、どれか1つを提出できる場合であれば、カウンセリング当日の脱毛の申し込みが可能となるのです。

このような情報は、脱毛サロンで教えてもらうか、もしくは、脱毛サロンのホームページで必要となるものを確認すると、本人確認書類のページでまとめて確認することができます。そして、カウンセリングについての案内も行われるのですが、基本的に脱毛エステの申し込みを予定しているのか、そして、アレルギーの有無といった、施術を受けることが困難であるかどうかをチェックされるだけです。

男性の場合は、この時点でカウンセリングが終了となるでしょう。女性の場合は、さらに妊娠の有無なども聞かれるようになっているだけで、後は、どのような目的、意思で脱毛エステを受けたいのかを聞かれるくらいです。

そして、脱毛エステについて了承できる場合は、カウンセリング当日の脱毛も可能となり、その後は、脱毛コースの選択を行うだけとなります。それほど不安になる要因も無いので、今では、カウンセリング当日の脱毛を受ける人が増えている状況でもあるのです。

カウンセリング当日の流れ!脱毛サロンに予約を入れているかも重要

基本となりますが、予約を入れていない場合は、脱毛サロンの利用そのものが難しくなります。

昔に比べて、脱毛サロンの利用者は増えており、これは男女問わずで増加傾向にあるのです。また、予約は前日のみというわけではありません。

1週間以上も前から予約できますし、ネットのみで予約を終えられるシステムを導入している脱毛サロンも増えてきました。

良く耳にする医療行為!脱毛エステは医療行為に含まれる?

脱毛サロンの施術というと、レーザー脱毛は医療行為ですという文面を見かけることがあります。

このような注意書きは、あくまでも医療行為を行える脱毛サロンのため、問題なく利用できますという案内のため、わざわざ注意書きが掲載されているだけです。医療行為を行う場合、その行為が可能な医師がいないといけませんが、ホームページのスタッフ欄を確認すると、医師の名前が列挙されているはずです。

補足となりますが、レーザー脱毛は皮膚科医が専門となっています。そのためスタッフ欄を確認すると、皮膚科医が常駐していることを明らかにしていたり、免許を持ってカウンセリングを行っていることを、わざわざブログなどで案内している脱毛サロンさえも存在します。

→自分にあった脱毛サロンを探す