痛いの痛くないの?脱毛エステでハッキリしない問題をまとめて解決!

“脱毛エステは痛い、もしくは痛さを我慢するのが当然とされていました。

ですが、今では痛い脱毛エステはもう古いと言われるようになったのです。というのも、今ではニードル脱毛に頼るケースが減ってきました。

代わりに、フラッシュ脱毛と呼ばれることもある、レーザー脱毛が流行しています。レーザー脱毛は、女性のVIOラインに対しても優しく、また肌ケアも考慮されている脱毛方法として支持されています。

痛いと思われている理由!脱毛エステで流行したニードル脱毛

脱毛エステは痛いというわけではなく、とある脱毛方法の影響で、痛いのが当然と言われる時代があっただけです。

そんな脱毛方法ですが、以下の2種類の脱毛方法は、今でも痛い脱毛エステの手法として多くの人に知られています。まず、多くの人が知っている痛い脱毛エステに、ニードル脱毛という手法があります。

多くの人が、涙が出るほどに痛いという体験談を残しているほど、痛さが極まっている脱毛エステの1つなのですが、ニードル脱毛が痛いのは、痛みを感じさせる作用が多いため当然なのです。まず、ニードル脱毛を確実に行う際は、針を毛穴に差し込まないといけません。

想像しただけでも痛いのですが、さらに電気を流し込むことにより毛穴を1本ずつ処理していきます。毛穴を電気で焼くことにより、新しい毛が生えてこないようにするという手法で、実際に、ニードル脱毛で脱毛に成功されている女性は多くいますし、男性のヒゲ脱毛でもニードル脱毛は高い成果をあげています。

ですが、ニードルそのものが痛々しいデザインのため、ニードル脱毛中に冷や汗をかく人、また、あまり効果を実感できない人も一定数いるため、批評されることが多い手法としても知られています。

もう1つの手法は、レーザー脱毛器と呼ばれる、個人でも使用できるタイプの脱毛器です。ですが、こちらは安いもの、高いものが乱雑に売られている影響もあり、お世辞にも良い商品が多いというわけではありません。

レーザーにより毛穴を焼くという狙いがあり、熱によって毛穴が塞がれていき、これにより新しい毛が生えてこないようになるのです。画期的なグッズのように感じるかもしれません。

ですが、出力が弱いことには脱毛効果を得られず、且つ、使用後に日焼けのような痛い思いをしないといけないため、徐々に利用者が減っていったという経緯があります。そのため、こちらについても痛い脱毛エステの手法として、多くの人に記憶されることとなりました。

痛みを考慮した脱毛方法!レーザー脱毛はなぜ痛いと感じない?

痛いほうの脱毛エステではなく、痛みがかなり少ないほうの脱毛エステを希望している場合は、レーザー脱毛を脱毛サロンで受けると良いでしょう。

前述のレーザー脱毛器のように、出力が弱い、効果が弱い、痛みを感じるといった問題点が克服されているため、現代の脱毛方法というと、基本的にレーザー脱毛を指していることが多くなりました。また、どうしてレーザー脱毛器のようなミスが起きないのかというと、それは、レーザーの出力が高いからです。

脱毛サロンで使用されているものは、レーザーがピンポイントで脱毛部分に照射されます。そのため、照射時間を長くする必要はなく、且つ、皮膚そのものを傷めないよう配慮して使用することも可能なのです。

近年では、脱毛サロンのほとんどで皮膚病、使用されている治療薬、アレルギーの有無をカウンセリング中に質問するため、レーザーと相性が悪い人は、このような脱毛エステを受けてしまう心配もありません。しかも、ローションを使用することで、レーザーが脱毛部分に照射されやすいよう、このような細かい配慮まで成されているのです。

ちなみに、無痛というわけではありません。人によっては、チクッとした痛みを感じることもありますが、ニードル脱毛、もしくはレーザー脱毛器のような痛みと比べると、我慢できる程度の痛さとなっています。

ただし、強く痛いと感じることが少ない上に、脱毛を回数別で行えるように設定できるのです。なので、痛いとまったく感じずに脱毛エステを受けたい場合は、回数をあえて多くして、レーザー脱毛で受けるダメージを減らすといった、賢い対応もサービスの1つとして選択できるようになっています。

→自分にあった脱毛サロンを探す